ペーパーオーナーゲームとは

みなさんは「ペーパーオーナーゲーム」という物をご存知でしょうか?
これは、5〜20人の参加者が仮想馬主となり、10頭程度の競走馬を選択し、その所有馬の競走成績により得た賞金などをポイント換算して競う物なんですが、仲間内の書類などだけで管理し、架空の馬主を楽しむ事からそう呼ばれるようになりました。
一般的には、職場の同僚や学校のクラスメイトなどと小規模で行われる事が多いゲームですが、競馬専門紙などの企業が会員を募って行うかなり大規模なペーパーオーナーゲームも存在します。
このような企業が主催する大規模な物の場合、ルールは一般的な物とは異なりますが、どちらも気軽に誰でも馬主気分が味わえる所から、数多くの競馬ファンの間で人気の高いゲームとなっています。
一説によると、関西のトラックマンの間で行われていた余興が発祥となったとされています。
1960〜1970年代に生まれたファンタジースポーツの競馬版のような物であり、その歴史はかなり深いといえます。
そんなペーパーオーナーゲームですが、基本的なルールは1995年辺りに競馬ライターを始めとした競馬ファンの手によって提唱され、普及し今に至るとされています。
ただ、このゲームは確かに面白いのですが、ポイント換算時の集計はとても難しく、順位付けなどが手間なのが難点です。
そういった面倒な事は避けたいという方には、計算や順位付けなどの専用ツールを提供するサイトがありますので、それらを利用するのも1つの手でしょう。

関連ページ

地方競馬の経営状況
競馬というのは、競艇、競輪と並んで3大公営ギャンブルの一つで、中でも最も人気のあるスポーツです。馬は人のように意識を高めて走ることはできませんから、結果が見えにくいというのも楽しみ方の一つです。
競馬専門誌の競馬ファンについて
競馬というのは、競艇、競輪と並んで3大公営ギャンブルの一つで、中でも最も人気のあるスポーツです。馬は人のように意識を高めて走ることはできませんから、結果が見えにくいというのも楽しみ方の一つです。
競馬アナウンサーの実況中継
競馬というのは、競艇、競輪と並んで3大公営ギャンブルの一つで、中でも最も人気のあるスポーツです。馬は人のように意識を高めて走ることはできませんから、結果が見えにくいというのも楽しみ方の一つです。
馬検とは?
競馬というのは、競艇、競輪と並んで3大公営ギャンブルの一つで、中でも最も人気のあるスポーツです。馬は人のように意識を高めて走ることはできませんから、結果が見えにくいというのも楽しみ方の一つです。
競馬のグローバル化はまだまだ進む?
競馬というのは、競艇、競輪と並んで3大公営ギャンブルの一つで、中でも最も人気のあるスポーツです。馬は人のように意識を高めて走ることはできませんから、結果が見えにくいというのも楽しみ方の一つです。
ばんえい競馬ってどんなもの?
競馬というのは、競艇、競輪と並んで3大公営ギャンブルの一つで、中でも最も人気のあるスポーツです。馬は人のように意識を高めて走ることはできませんから、結果が見えにくいというのも楽しみ方の一つです。