競馬のグローバル化はまだまだ進む?

グローバル化の時代において、競馬もグローバル化が進んでいます。
グローバル化というのは、国内だけにとどまらず世界との垣根がなくなっていくことを意味しています。
これまでは日本国内で勝っていればそれで良かったのですが、現在では強い馬はさらに上を目指して世界に打って出るということが珍しくなくなりました。
少し前までは高嶺の花、または別世界の出来事だと思っていた米国のメジャーリーグベースボールが、現在では日本のプロ野球と密接な関係を持つようになりたくさんの日本人メジャーリーガーが活躍するようになりました。
これも野球のグローバル化が進んだ結果と言えます。
野球のように競馬の世界もグローバル化しており、日本の競馬界と海外の競馬界が活発に交流するようになりました。
競馬ファンの方ならすでにお気づきの方も多いと思いますが、中央競馬の騎手として外国人の旗手がよく登場するようになりました。
オリビエ・ペリエ騎手の活躍はその象徴ですね。
これも日本の中央競馬が外国人に対して騎手の門戸を開いた結果です。
有名なGIレースに「ジャパンカップ」というレースがあります。
これは海外から招待した強豪馬と日本の有力馬が同じレースで競走するというレースです。
以前は海外からの招待馬ばかりが勝つことが続いていましたが、最近では日本国内の馬が勝つことも増えてきました。
それだけ日本の競走馬が国際標準のレベルに到達していることを意味します。
そのことを象徴しているのが、日本国内の競走馬が海外の重賞レースに出走していることです。
フランスの凱旋門賞をはじめとするイギリスや香港、ドバイなど海外の有力競馬場で開催されている重賞レースに日本の馬が出走して健闘しているというニュースは日本の競馬ファンにとってはたまらないニュースです。
競馬のグローバル化は今後も進むでしょう。

それは競馬だけのことではなく、世の中全体の流れだからです。
この流れはもちろん日本だけではなく世界中に波及しているので、世界の有力馬は、より権威のあるレースや、賞金の高いレースへと出走する傾向にあります。
もちろん競走馬を所有している馬主や育成している調教師にしてみれば、より賞金の高いレースに出走して勝利することが利益を上げることにつながりますから当然です。
これは逆に考えると、面白味の無いレースや賞金の低いレースには有力馬が出走してくれないことでもあるので、競馬場同士の世界的な競争の時代になったということでもあります。

関連ページ

地方競馬の経営状況
競馬というのは、競艇、競輪と並んで3大公営ギャンブルの一つで、中でも最も人気のあるスポーツです。馬は人のように意識を高めて走ることはできませんから、結果が見えにくいというのも楽しみ方の一つです。
競馬専門誌の競馬ファンについて
競馬というのは、競艇、競輪と並んで3大公営ギャンブルの一つで、中でも最も人気のあるスポーツです。馬は人のように意識を高めて走ることはできませんから、結果が見えにくいというのも楽しみ方の一つです。
競馬アナウンサーの実況中継
競馬というのは、競艇、競輪と並んで3大公営ギャンブルの一つで、中でも最も人気のあるスポーツです。馬は人のように意識を高めて走ることはできませんから、結果が見えにくいというのも楽しみ方の一つです。
馬検とは?
競馬というのは、競艇、競輪と並んで3大公営ギャンブルの一つで、中でも最も人気のあるスポーツです。馬は人のように意識を高めて走ることはできませんから、結果が見えにくいというのも楽しみ方の一つです。
ペーパーオーナーゲームとは
競馬というのは、競艇、競輪と並んで3大公営ギャンブルの一つで、中でも最も人気のあるスポーツです。馬は人のように意識を高めて走ることはできませんから、結果が見えにくいというのも楽しみ方の一つです。
ばんえい競馬ってどんなもの?
競馬というのは、競艇、競輪と並んで3大公営ギャンブルの一つで、中でも最も人気のあるスポーツです。馬は人のように意識を高めて走ることはできませんから、結果が見えにくいというのも楽しみ方の一つです。