競馬マンガの人気

競馬ファンでなくとも楽しむことが出来る《競馬マンガ》は、一時期、専門の雑誌が次々と登場するほどのブームになりました。
でも、短い期間でそのほとんどがすぐに消えていき、最近では競馬マンガの専門雑誌を目にすることも少なくなっています。
長期連載になったものでは、古いものだと、「とねっ娘」や「ポコあポコ」など、それより前になると、25回の短期連載で終了してしまいましたが、「ふたりのダービー」があります。
その後、笑いあり、時には感動と涙ありのストーリー展開で人気となった「馬なり1ハロン劇場」に始まり、競馬マンガの人気に火が付き、動物と人間が普通に対話できる世界を描いた「みどりのマキバオー」や細かく馬の血統などまで設定されているのが特徴的な「じゃじゃ馬グルーミン★UP!」の連載が開始されました。
これらの作品は、競馬自体に興味がない人でも、名前くらいは耳にしたことがあるのではないでしょうか?
また、その他にもたくさんの作品がありますが、そのほとんどが現実の血統や競争体系をモデルに書かれていて、基本的にはフィクションです。
どの作品も競馬の知識がなくとも、キャラクター設定が個性的だったり、物語が感動的だったりするので、その他のジャンルのマンガと変わりなく、マンガ嫌いでなければ誰でものめり込むことのできるものになっています。
これらの作品によって競馬に触れることができ、競馬のイメージが変わった人も少なくないのではないでしょうか。

関連ページ

競馬ブームについて
競馬というのは、競艇、競輪と並んで3大公営ギャンブルの一つで、中でも最も人気のあるスポーツです。馬は人のように意識を高めて走ることはできませんから、結果が見えにくいというのも楽しみ方の一つです。
●競馬ゲームの種類
競馬というのは、競艇、競輪と並んで3大公営ギャンブルの一つで、中でも最も人気のあるスポーツです。馬は人のように意識を高めて走ることはできませんから、結果が見えにくいというのも楽しみ方の一つです。